毛嚢炎になりやすい人の注意点

Posted on 2015-05-10 By

むだ毛があるとおしゃれができないので、お手入れをするか、隠しておくしかありません。特に、脚や腕、脇のむだ毛は目立つので、仕方なく自己処理のお手入れを続けている人が多いのですが、肌が見える季節には、お手入れが頻繁になりがちです。

最近は、冬でも半そでやノースリーブのニットを着て、室内では脱ぐという場合もあるので、シーズンにかかわらず、お手入れが必要な傾向があります。自己処理のトラブルの中で多いのは、カミソリ負けや肌荒れ、毛嚢炎です。

毛嚢炎は、毛穴に細菌が入ってしまい、毛嚢と呼ばれる袋が炎症を起こしたり、生んだりしてしまう病気です。毛嚢が炎症を起こしやすい人は、カミソリや毛抜きでの自己処理をせずに、清潔にすることが必要なので、脱毛がおすすめです。

脱毛すると、自己処理の必要がなくなるので、肌が荒れたり、細菌が入ってしまったりすることや余計な刺激を与えることがなくなるため、炎症の原因が減ります。

また、脱毛することで、毛がなくなるので、毛に汗や皮脂がからんで湿気を含み、そこで細菌が繁殖することも減る上に、拭いたり洗ったりしやすくなるので、清潔に保つことが簡単になります。毛嚢炎になりやすい人には、脱毛がおすすめなのです。

美肌のススメ