痛がりさんに朗報!麻酔があるクリニック脱毛

Posted on 2015-06-05 By

クリニックなどの医療機関で行う医療レーザー脱毛は、効果が高いことでも知られています。レーザーは黒いメラニン色素だけに反応するため、皮膚の表面を傷つける心配もありません。照射後に、多少の火照り感は出ても、時間とともに収まっていきます。

照射した光は毛根で熱へと変換して、周辺の毛が育成される毛乳頭などの組織を破壊します。その作用により、一度照射をした毛は、再生することがありません。

そのため、繰り返し成長期に合わせて照射していくことで、脱毛効果を発揮していきます。医療レーザー脱毛は、照射出力の高いマシンです。効果もしっかり出してくれますが、照射時の痛みが、若干強い傾向にあります。

そのため、クリニックで照射する時には、麻酔を使用することが可能です。医療機関ならではの、大きなメリットと言えるでしょう。よく使用されるのは、塗るタイプの麻酔クリームです。

照射を行う部分に塗布して、20分から30分時間を置きます。効果が出てきたら、レーザー照射をスタートします。何もしない状態で受けるよりも、ずっと痛みは軽減されます。笑気麻酔を使用するケースもあります。これらは別途料金が発生しますから、はじめにいくらかかるのか、確認しておくと良いでしょう。

美肌のススメ